家計相談、家計の見直し「FP益山真一オフィシャルサイト」

お問い合わせ 03-3809-8445 受付時間 平日9:00-17:00
MENU

なぜ老後資金は3千万円必要?

なぜ、老後資金に3,000万円必要??

老後は年金だけじゃやっていけないとか、老後の資金は3,000万円が必要と言われますが、何故3,000万円なのでしょう?

当事務所の家計相談では、この3,000万円の貯蓄を今から60歳に向けて目指す形でご提案をしていきます。

60歳で3,000万円あると毎月10万円使える

FQ002_L

まず、3,000万円あると、どんな生活が出来るか?毎月どれくらいの「ゆとり」が生れるか?考えてみます。

日本の平均寿命は、女性は85歳以上、男性も80歳以上です。つまり、60歳から寿命まで25年近くあるんですね。

寿命まで3000万円を使うとすれば、毎月10万円(年間120万円)使える計算です。もし、10万円が自由に使えるお金だとしたら、毎月旅行や趣味、習い事など新しい事が色々できますよね。

参考

厚生労働省:平成26年簡易生命表の概況(PDF)
女性86.83歳、男性80.50歳

年金だけでは、毎月5万円の赤字

次に実際、リタイアした後、収入と支出の差はどれくらいになるのでしょうか?

60歳以上のリタイアした世帯の収入は、ほぼ「年金」のみです。それで生活した場合、おおよそマイナス5万円との事です。

参考

総務省資料:II.世帯属性別の家計収支(PDF) ※P31「図Ⅱ-4-1」参照

実収入:180,808円
実消費:234,504円
   (消費支出210,660円+非消費支出23,844円)
収支 :▲53,696円

HC032_L

楽しい出費が大事

マイナス5万円であれば節約で何とかできそうですし、10万円も余裕が無くても十分そうです。

しかし、年金受給額が減ったり物価が変わればすぐバランスは崩れます。そういった時、2倍のプラス10万円があると安心ですよね。

それに、リタイア後も旅行や趣味、習い事など「楽しい出費」が出来るが事が重要だと考えており、3,000万円貯蓄を目指す理由はそこにあります。

家計管理は節約節約で「not楽しい家計」というイメージがありますが、ご自身に合う家計管理を見つけられれば、時にはご褒美で旅行や趣味など「楽しい出費」もやりながら3000万円貯蓄ができるはずです。

ぜひ、一度本気で家計を見直してみませんか?皆さまのご相談をお待ちしています。

研修・セミナー、家計相談、執筆・監修、問題作成 ご依頼・お問い合わせ 03-3809-8445 携帯:090-2319-9582 電話受付時間 平日9:00-17:00


2015年10月23日