家計相談、家計の見直し「FP益山真一オフィシャルサイト」

家計相談、家計の見直し「FP益山真一オフィシャルサイト」

2018年 01月 16日

株式投資は適時開示を読むと利益率アップ

1月も半分を過ぎましたね。

少し前までお正月だったような気がしますが、もう半月が過ぎてしまいました。

今年に入ってから株価は3連騰後、3日連続下落。その後、2日連続上がり、24000円目前まできましたね。

決して景気がよいとは思いませんが、日本は真子さまご成婚、来年は天皇陛下の交代、再来年は東京オリンピックと

よい流れに乗っています。株式相場は、毎年、成績がよい銘柄とそうでない銘柄は入れ替わりますが、今年に入ってからは

保有株では、外食よりも小売り系が元気です。

 

今週はほくりょう、神戸物産などが大きく跳ねていますが、いずれも低PER、好業績銘柄。

安定的に売上・利益が伸び、低PER、チャートも比較的安定的に右肩上がり。

難しくない銘柄で株式投資で成果を出すには、四季報を読みこなすことと、適時開示を毎日、確認すること。

この2つができると、株式投資は負ける時も早めに損切できますし、利益があがる銘柄も早く仕掛けることができます。

 

株式投資を本格的に勉強を始めるとき、講師の先生が「勉強するほど利益が安定的に稼げるのが株」と言っていた時、

「そんなこと、あるわけないじゃん!」と感じましたが、本格的に勉強を始めてから5年。確かに安定的に利益が出るようになりました。

 

いずれ不景気がやってくると思いますが、そんなときでも安定的に利益を稼ぐことができるのかはわかりませんが、

四季報を読みこなし、適時開示を毎日、チェックすることを続けて、株式投資で利益を上げたい方に

「勉強法」のアドバイスをセミナー、ご相談を通して発信していきたいと思います。

なお、金融商品取引業者ではありませんので、個別の銘柄の推奨はできません。